労働関係のお知らせ

  • 平成30年度全国労働衛生週間を迎えるにあたって、実施要綱・三重労働局長メッセージを掲載しました。詳細はこちらから
  • 中小企業事業主のみなさまへ。労働基準監督署の「労働時間相談・支援班」が、事業場の要望に応じて訪問支援に伺います。詳細はこちらから
  • 猛暑により熱中症を疑われる事故が頻発しております。三重労働局では、緊急熱中症予防対策の推進を呼びかけています。詳細はこちらから
  • 「墜落防止用器具の安全な使用に関するガイドライン」が公表されたました。
  • 厚生労働省、三重労働局では、「夏季における年次有給休暇の取得促進」を呼びかけています。
  • 「交通労働災害防止のためのガイドライン」が改正されたました。
  • 平成30年4月6日、労働安全衛生法施行令及び石綿障害予防規則の一部改正(石綿ばく露防止対策に必要な分析・教育用の石綿等の入手等について)が公布されましたが、その施行に関し、厚生労働省労働基準局長から通達が出されました。
  • 「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン中です‼
  • 三重労働局より平成30年4月1日付人事異動(主要官職)が公表されました。詳細はこちらから
  • 三重労働局からピリジン等5物質のリスク評価結果に基づく労働者の健康障害防止対策の徹底について周知要請がありました。
  • 三重労働局から平成30年度から5年間の第9次粉じん障害防止総合対策の推進について、周知等の要請がありました。
  • 厚生労働省から平成30年度「全国安全週間」の実施要綱が公表されました。
  • 第13次労働災害防止計画が策定されるとともに、その推進が通達されました。
    ➀「第13次労働災害防止計画の策定について(厚生労働省発基安0228第1号)
    ②「第13次労働災害防止計画の推進について(基発0307第1号)
  • クレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置構造規格等の一部が改正されました。
  • 厚生労働省は、5月から平成30年度「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施すると発表しました。
  • 厚生労働省は、平成30年4月の「無期転換ルール」の本格的な開始を前に、「無期転換ルール緊急相談ダイヤル」(TEL.0570-069276)を開設しました。
    三重労働局においても、「無期転換ルール特別相談窓口」(TEL.059-226-2110)を設け、相談に応じています。
  • 厚生労働省、三重労働局では、「ゴールデンウイークにおける年次有給休暇の取得促進」を呼びかけています。-->
  • 高気圧作業安全衛生規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令等が施行されました。
  • 特定健康診査等の実施に関し、厚生労働省から周知への協力依頼がなされました。
  • 除染等業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン等が見直されました。
    ➀「除染等業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン」
    ②「特定線量下業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン」
    ③「事故由来廃棄物等処分業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン」
  • 有害物ばく露作業報告(平成30年対象・平成31年報告)の対象となる物質が新たに定められました。
  • 厚生労働省では、機械設備の交換・廃棄等の際、石綿含有部品の把握漏れにより適切な措置が講じられなかった事例が散見されるとして、把握の徹底を呼びかけています。
  • 労働時間見直しガイドライン、育児・介護休業指針が改正され、平成29年10月から適用されています。
  • 平成29年8月3日、労働安全衛生法施行令及び労働安全衛生規則の一部改正(表示・通知義務対象物質の追加等)が公布されましたが、その施行に関し、厚生労働省労働基準局長から通達が出されました。
  • ヒアリへの対応について、環境省ホームページで参考となる資料をまとめています。
  • 障害者雇用安定助成金「障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース」が創設されました。
  • 厚生労働省・三重労働局では、最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上等のための支援を行っています。・業務改善助成金・キャリアアップ助成金・人事評価改善等助成金
  • 厚生労働省・三重労働局では、「働き方改革」の一環として・夏の生活スタイル変革・夏季における年次有給休暇の取得促進・配偶者手当の在り方検討 に取り組んでいます。また、働き方の見直しや改善のため、「働き方・休み方改善コンサルタント」の訪問による無料コンサルティングを実施しています。
  • 厚生労働省から、建築物等から除去した石綿等の運搬、貯蔵等を行う際の石綿障害予防規則等に基づく具体的取扱いの注意事項等が示されました。
  • 厚生労働省より平成28年の熱中症による死傷災害の発生状況(全国)の確定値が公表されました。
  • 平成29年5月30日の改正個人情報保護法等の施行に伴い、厚生労働省から雇用管理分野における個人情報のうち健康情報の取扱いについて新留意事項通達が示されました。詳細はこちらから
  • 平成29年6月の特定化学物質障害予防規則、作業環境測定基準等の改正(三酸化二アンチモンに係る規制へ追加)についてお知らせします。
  • 「架橋型アクリル酸系水溶性高分子化合物」を主成分とする吸入性粉じんにばく露していたと推測される6人に様々な肺疾患が発生し、三重労働局でも同種健康被害の予防や労働局などへの被害を呼びかけています。詳細はこちらから
  • 放射線業務における眼の水晶体の被ばくについて、その低減対策への取組の要請がありました。関係法令の改正についても言及しています。詳細はこちらから
  • 産業医制度の充実を図ること等を目的として労働安全衛生規則等の一部が改正されました。詳細はこちらから
  • 粉じん障害防止規則等の一部改正があり、平成29年6月1日から施行されます。詳細はこちらから
  • 厚生労働省、中央労働災害防止協会などが主唱者となり、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」が実施されます。
  • 「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル」が改訂されました。
  • 「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンが実施されています。
  • 厚生労働省により陸上貨物運送事業における荷役災害等を防止するための安全対策がとりまとめられ、また特に死亡災害の約8割を占める荷役5大災害を防止するためのチェックリスト(陸運事業者用と荷主、配送先、元請事業者用があります。)が作成されました。
  • 中央労働災害防止協会では、厚生労働省の通達「安全衛生教育及び研修の推進について」等に基づく「機械安全研修」を全国で実施しています。
  • 中央労働災害防止協会より「高齢者介護施設における雇入れ時の安全衛生教育マニュアル」が作成されました。
  • 平成28年12月に取りまとめられた厚生労働省の「『過労死等ゼロ』緊急対策」を踏まえ、厚生労働大臣から事業主団体に向け「『過労死等ゼロ』実現に向けた緊急要請」がなされました。
  • 第三次産業の労働災害の減少をめざし、「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」が展開されています。
  • 厚生労働省などにより「陸上貨物運送事業における荷役災害等を防止するための留意事項~重大な災害事例に学ぶ災害防止ポイント~」が作成されました。
  • 『パワーハラスメント対策導入マニュアル』を入手してパワハラのない職場づくりを

    職場でパワーハラスメントが発生すると、被害者のみならず周囲の社員の士気が低下し、企業も大きなダメージを受けます。 社内のパワハラ対策の具体的な取組みを『パワーハラスメント対策導入マニュアル』で紹介しています。
  • 三重「働き方改革」に向けた共同宣言(平成27年3月16日採択)
  • 働き方を見直し、仕事と生活との調和を図りましょう!
    ~三重労働局働き方改革推進本部の設置について~
  • ポータルサイト「確かめよう 労働条件」の開設について
  • 「多様な正社員」を活用しましょう!
  • 三重県内の最低賃金の改正について
  • 労働契約法が改正されました。